カードローンを利用しようと思った時に注意すべきこと

これから初めてカードローンを利用してお金を借りようと思っている人も多いかと思います。
ですが、その場合は少し気を付けないといけないです。

それは何かというと総量規制というのがある事です。総量規制というのは
お金を借りたいと思っている人がどれくらい収入があるかでその借りれる金額が
変わってくる点です。

なぜなら、昔借り手の収入に関係なく多くのお金を融資できていたせいで
その人の収入に関係なくたくさんの金額を借りる事ができたからです。

そのせいでいつまで経っても借りたお金を返済できなくてその利息の支払だけで
四苦八苦した人が大勢いたからです。

ですから、今ではカードローン会社からお金を借りる場合は総量規制というのがあって
その人の収入に応じて借りれる金額が変わってくるというのがあります。

それは一見して必要な金額を借りれない借り手によってはあまり良くない規制のように
感じますが、それは違います。なぜなら、お金を借りようと思っている人が返済能力がないのもかかわらずその返済能力以上のお金を借りる事がないようにするために必要な事だからです。

いくらそれによって必要なお金を借りれなくてもその後の返済が行き詰まれば意味がないので
カードロ―ンの総量規制は借り手を守る意味でも必要です。

すぐに借りて返すならキャッシングの利息は高くない

突然現金が必要になった時、役立つのがキャッシングです。
飲み会やランチなど、割り勘支払いでカードを出せず現金が必要になった際、預金口座に現金を入れていないと困ってしまうことがあります。

そんな時、とりあえず人に借りますか?
いくら見知った人でもお金の貸し借りはなんとなく頼みづらいもの。

さらに、相手も十分な現金を持っているとは限りませんし、使う予定があって財布に入れている現金だとしたら、「貸すお金がない」と言わせるのも「あるけど貸せない」と言わせるのもわだかまりが残るものです。
そしてもし借りられたとしても、相応の利子やプチギフトを添えて返すとなると、結局はキャッシングの利子より高くついてしまうとういことがあります。

お金に関して気持ち良い関係を作るために、キャッシングと言うシステムを利用するのは一つの「方法」です。
関係性を気にせずシステマティックに相当の利子を支払うだけで借りることができるので、人に借りるより気持ちの面でも楽ではないでしょうか。

特に、すぐに返済できるのであれば、利子も多額になりませんし、キャッシングはコンビニでも利用できますからかなり便利です。
急な現金が必要になった時、人を頼らずすっきりキャッシングでやりとりしてしまいませんか?

キャッシングは主婦では利用できない?そんなことはありません。

キャッシングは、収入のない主婦では利用できないのではないか。と思われている方もいるようですが、実際には利用できるケースが多く存在します。
主婦だからといって、お金がなければ日々の生活が成り立たないのは当たり前です。

ではどこからお金を得ているのか。
旦那様のお給料をはじめとする家族の収入です。

キャッシングの審査の際は世帯収入を問われることがあります。
家族でよほどのクレジットカードなどによる返済不能を起こしていなければ、主婦でもキャッシングを利用することが可能です。
大型のスーパーなどではクレジット決済も当たり前になってきましたが、個人商店や激安スーパーなどはその価格を維持するためにクレジット決済ができない場合も多々あります。

今月の家計分を使い切ってしまったけど、日常的に使用する食品や調味料、消耗品などが安く是非買っておきたい!というときがあるのではないでしょうか。
家計を赤字にしないためにとその場で買わず、翌月の家計で高くなったそれらの商品を買っていては、結果的に損失になります。

そういった一時的に現金が必要になったとき、それが少額であっても、誰にも頼めないときにはキャッシングを利用するというのは一つの方法です。
きちんと返済できることが事前にわかっていれば、日々の生活の中で上手に利用してキャッシングと付き合っていくことができます。

無利息のカードローンとは?

カードローンでお金を借りる際には必ず金利がかかります。借りる金額がどうしても大きくなると、その借りた金額に対して金利がかかってくるために、けっこう馬鹿にならない額の利息を支払う必要が生じる場合もあります。但し条件によっては、無利息の融資を行っている消費者金融もあります。

無利息期間のサービスを提供している消費者金融はアコム、プロミス、レイク、ノーローンが有名です。アコム、プロミスの2社は、初回借入時限定とはなりますが、初回にお金を借りてから30日間は利息が発生しませんので、30日以内に借りたお金を返済できるならば利息はかかりません。ただし前述したように、新規顧客向けのサービスであるために、過去に利用したことがある場合は適用されませんので注意が必要です。

レイク、ノーローンは条件が少し異なります。レイクは初回借入から30日無利息と180日無利息の2パターンあります。180日無利息は条件として借入金額が5万円までという条件があります。またノーローンは、無利息期間は1週間と短いのですが何度でも利用することができる点がメリットです。契約した月と全額返済した翌月にはこの条件が適用されますので少額を複数回借りたいと希望の人にはお勧めのサービスです。

生活資金を借りるためにキャッシングに申し込む危険性

生活資金が足りないので、キャッシングで借りてなんとかしたいと思っている人も多いかもしれないです。ただ、それは危険かもしれないということとそもそも審査に通らない可能性もあるということを言っておきたいと思います。どうして危険なのか?というと、生活資金っていうのは、まず確保すべき1番のお金になります。

毎月の収入のうち、娯楽費などを削ることはあっても、生活資金を削ることはあまりしません。するとしても、できる範囲でということになります。つまり、毎月の収入の中で1番最初に確保する部分のお金が足りないというのは、毎月普通に生きていくだけで赤字ということですから、そのお金をキャッシングで借りると利息がついて、さらに赤字分が膨れ上がる。

全く返せる見込みが立たないのでは?と思えてくるのです。そういう状況があれば、貸す方としても貸しづらいでしょう。だから、そもそも審査に通らない可能性も十分にあるので、生活するためのお金が足りない人はキャッシング意外でなんとか工面をするようにしないと、仮に借りられても返済が厳しくなり、最悪の場合には債務整理をしないといけない状況になるかもしれません。

だから、もしそういった理由でキャッシングの申し込みを考えているならば、その前に考え直してみてください。