キャッシングの申し込みをする時に提出する本人確認書類でどのような点に注意すればいい?

キャッシングの申し込みをする時に本人確認書類の提出を求められます。本人確認書類は戸籍に基づいて公的な機関で発行された身分証明書が適用されますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり確認していきましょう。

・健康保険証は適用されない可能性がある

健康保険証は戸籍に基づいて公的な機関で発行された身分証明書に該当する書類の一つになりますが、他の運転免許証と比較すると顔写真がないという違いがあります。キャッシングの審査では顔写真がある身分証明書を提出しなければいけない事も多いので健康保険証は適用されない可能性があります。健康保険証を本人確認書類として提出しようと考えている人は注意しましょう。

・運転免許証のみとなっている事もある

本人確認書類は運転免許証やパスポートなどが適用されますが、業者によっては運転免許証のみになっている事もあります。それでパスポートを提出しても本人確認書類として適用されない事があります。運転免許証のみとなっている場合は必ず運転免許証を持参するようにしましょう。また運転免許証を持っていない人は別の業者でキャッシングをするようにしましょう。

キャッシングの申し込みをする前に業者のホームページで適用される本人確認書類をしっかり確認しておきましょう。

キャッシングの審査の本人確認の方法は

キャッシングの審査で欠かせないのが、本人確認です。本人確認は、身分証明書を提出することで行われます。

提出の仕方は、審査によって異なり、現在人気のWEB申込みの場合は、カメラ機能で撮影、もしくはスキャナで読み込んだ書類を、送信もしくはアップロードという形で提出をします。無人契約機の場合は、その場で必要書類を読み込んで貰います。

電話で審査を受ける場合は、FAXで送信するという方法も可能です。そして、それ以外に郵送で提出するという形もありますが、郵送の場合は届くまでに時間がかかるため、すぐに契約手続きに進むことができません。そのため、少しでも早くキャッシングの利用を始めたいのであれば、本人確認書類をすぐに提出できる方法を選んでおくと良いでしょう。