審査通過率の大まかな目安について

審査通過率というのは銀行や消費者金融によって設定が若干異なっており、審査通過率は必ずしも明確ではありません。

ですが、大まかな目安というのはある程度はわかっています。

銀行系カードローンについては、おおよそ審査通過率は3割あるかないかという風に言われています。

大手の消費者金融ですと、通過率が公表されている会社もあります。銀行系よりもちょっと多くなってきており、おおよそ4割から5割弱のあたりで

推移しているという感じです。

また、中傷の消費者金融になってきますと、基本的にかなり門徒が広くなっていますので、審査通過率はかなり高く

6割以上とも8割くらいとも審査通過率があるといわれているほど高いです。

以上が大まかな目安になります。

キャッシングの本人確認書類について

キャッシングも申込時にはかならず本人確認書類の提出が求められます。本人確認書類には免許証や健康保険証などが直ぐに頭に浮かびますが、キャッシング業者によって多少の違いはあります。2016年10月の法律改正によって本人確認書類の確認が厳しくなったことによって追加の書類が必要なことも出てきました。

本人確認書類については、運転免許証やパスポートやマイナンバーカードなどの本人の顔写真が添付されている書類であれば、それだけで本人確認書類として認められるようですが、以前には大丈夫であった健康保険証などの本人の顔写真が添付されていない書類は追加の書類の提出を求められることが多いと考えておいたほうがいいでしょう。

人生初の借り入れをレイクでしました

敷金ゼロキャンペーンをしているアパートに住んでいたため、退去時にお部屋のクリーニング代と壁のクロスの修理代を請求されました。しかし、あまりにも高額で自分で賄えることができず、初めてレイクに借り入れをしました。

借り入れする決心をするまでは、なんとなく怖いイメージが強く、冷たそうな担当者に契約書を渡されてサインをしていくものだと思っていたのですが、借り入れする契約する際も無人機での入力でしたし、オペレーターの方も優しそうな女性だったのでとても安心しました。

毎月の返済額も自分で決めれるし、遅れそうなときは電話をすれば頻繁に架電されることもありませんでした。

コールセンターの女性もとても親切で丁寧に対応してくださるので電話も怖くありませんでした。

返済もセブンイレブンにあるATMで可能なため、誰かに見られても入金しているようにしか見えないというのも安心できる点になります。

今は完済しましたが、もしまたお世話になることがあるかもしれないので、カードはそのまま残してます。