aisya のすべての投稿

キャッシングの申し込みをする時に提出する本人確認書類でどのような点に注意すればいい?

キャッシングの申し込みをする時に本人確認書類の提出を求められます。本人確認書類は戸籍に基づいて公的な機関で発行された身分証明書が適用されますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり確認していきましょう。

・健康保険証は適用されない可能性がある

健康保険証は戸籍に基づいて公的な機関で発行された身分証明書に該当する書類の一つになりますが、他の運転免許証と比較すると顔写真がないという違いがあります。キャッシングの審査では顔写真がある身分証明書を提出しなければいけない事も多いので健康保険証は適用されない可能性があります。健康保険証を本人確認書類として提出しようと考えている人は注意しましょう。

・運転免許証のみとなっている事もある

本人確認書類は運転免許証やパスポートなどが適用されますが、業者によっては運転免許証のみになっている事もあります。それでパスポートを提出しても本人確認書類として適用されない事があります。運転免許証のみとなっている場合は必ず運転免許証を持参するようにしましょう。また運転免許証を持っていない人は別の業者でキャッシングをするようにしましょう。

キャッシングの申し込みをする前に業者のホームページで適用される本人確認書類をしっかり確認しておきましょう。

キャッシングの審査の本人確認の方法は

キャッシングの審査で欠かせないのが、本人確認です。本人確認は、身分証明書を提出することで行われます。

提出の仕方は、審査によって異なり、現在人気のWEB申込みの場合は、カメラ機能で撮影、もしくはスキャナで読み込んだ書類を、送信もしくはアップロードという形で提出をします。無人契約機の場合は、その場で必要書類を読み込んで貰います。

電話で審査を受ける場合は、FAXで送信するという方法も可能です。そして、それ以外に郵送で提出するという形もありますが、郵送の場合は届くまでに時間がかかるため、すぐに契約手続きに進むことができません。そのため、少しでも早くキャッシングの利用を始めたいのであれば、本人確認書類をすぐに提出できる方法を選んでおくと良いでしょう。

銀行カードローンの審査速度は向上している

カードローンを申込む際には、審査完了までの時間がさほど長く掛からないタイプを選ぶ人が多いです。なぜなら、実際の借入日まで余裕が無い場合には、審査落ちした時に次の申込みをしなければならないからです。消費者金融の審査は即日審査が基本ですが、銀行カードローンは数日要することが一般的となっています。

しかし、保証会社に実質的な審査をさせることで、保証会社として信販会社または消費者金融を指名して審査速度を向上させている状況です。銀行カードローンでは、審査速度を上げるための手段として、ノンバンクの融資審査システムを実質的に利用可能となりました。合わせて保証会社に傘下または提携関係にある信販会社と消費者金融を使うことで、銀行は損をしない仕組みを作り上げています。

モビットで本人確認書類と収入証明書を準備する時の2つの注意点

消費者金融を利用する時は必要書類を提出する事になりますが、モビットは本人確認書類と収入証明書を準備する必要があります。収入証明書は少額の借り入れをする時は提出の必要がない事が多いですが、モビットは申し込みした後に提出が必要かどうかが伝えられるので準備をしておかなければいけません。そこでモビットで本人確認書類と収入証明書を準備する時に注意したい点を確認していきましょう。

・運転免許証を持っていない人は健康保険証かパスポートを準備する

モビットの本人確認書類は基本的に運転免許証を準備する人が多いです。しかし運転免許証を持っていない人は準備する事が出来ないので別の本人確認書類を準備する必要があります。運転免許証以外では健康保険証とパスポートが適用されるので運転免許証を持っていない人はどちらかを準備しましょう。

・収入証明書は準備するのに時間がかかるので早めに準備する

収入証明書は実際に収入を得ている事を証明する書類で源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書などの写しを準備する必要があります。どの書類も準備するのに手間がかかるので早めに準備した方がいいです。

モビットで本人確認書類と収入証明書を準備する時に注意したい点はこのようにあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

計画的な返済を心掛けるキャッシングを利用する

消費者金融会社は、全国に点在していて、有人店舗の設置が少なく、無人契約機がある契約コーナーが駅周辺や繁華街に数多く見られます。その為、消費者は、急に出費が発生した際に、このような無人契約コーナーでキャッシングの申し込みをする事が出来ます。ユーザーがキャッシングを利用する場合には、計画的に返済をしていく事を考えておかなければいけません。

計画的にキャッシングで融資を受けて期日までに返済する為には、利息が一つの鍵となります。利息は、消費者金融会社によって年率が違いますので、ユーザーは返済の負担の事を考えながら、利息が低いキャッシングのサービスを選ぶ事が大切です。近年では、初回利用を条件に一定期間の利息が発生しなかったり、一定額まで利息が発生しなかったりという期間限定の無利息サービスが提供されています。このサービスを使う事で、返済額の圧縮を図る事ができ、ユーザーにとってはゆとりを持って、融資されたお金を期日までに返済していく環境が出来上がります。

キャッシングサービスは、利息や返済方法で選べば、ユーザーが不便を感じる場面はほとんど発生しません。計画的な返済を意識する事で、期日直前に慌てる事がなくなります。

三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口について

三菱東京UFJ銀行では消費者金融の自動契約機に相当するテレビ窓口という無人契約コーナーを用意しています。このテレビ窓口は全国の三菱東京UFJ銀行の支店内に存在し、土曜日や祝日でも営業を行っています。ただし、日曜日は(祝日の場合でも)営業していません。

テレビ窓口では預金口座の開設や各種のローンの相談なども行うことができますが、主にカードローンの契約に利用されています。ただし、消費者金融の自動契約機のように誰にも見られずに申込みが行えると考えてはいけません。それは、テレビ窓口は支店内のATMコーナーに存在しているので、入る時も出る時もATMの利用者や常駐している警備員には丸見えだからです。

利用中にはもちろん他の人に見られることはありませんが、出入りもなるべく誰にも見られずに利用したい場合には、比較的ATMコーナーに人が居ない土曜日や祝日の遅い時間の利用をおすすめします。ですが、消費者金融とは違って午後6時までしか営業していないので、あまり遅くなると閉まっていることがあるので注意してください。

このように、テレビのCMなどでは誰にも見られずに簡単にカードローンの申込みが行えるような触れ込みの三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口ですが、実際には消費者金融の自動契約機とは違い、単体で置かれている訳ではなく、支店内のATMコーナーの一部です。ここからカードローンを申し込む際にはこういったことを理解した上で利用してください。

金利の高い銀行カードローンがあるのは何故?

一般的に銀行カードローンは消費者金融より金利が低くなっています。この理由は、貸し出す資金の調達にその銀行の預金がそのまま利用できるからです。元々銀行は預けてもらったお金を様々なローンとして貸し出すことで、預金者に支払う利息との差額で利益をあげています。

対する消費者金融は自己資金だけで行っている場合はともかく、預金を集めるという行為が行えない為、銀行から借りたお金を貸していることが多いです。よって、銀行より低い金利で貸すということは難しく、カードローンでも銀行より高い金利設定になっています。

ですが、中には銀行でも消費者金融並に金利の高いカードローンがあります。その代表的な2つは新生銀行のレイクとオリックス銀行のカードローンです。これらは共に最高金利が年利18%で、消費者金融のそれと全く変わりません。何故この2つの銀行カードローンはこんなに金利が高いのでしょうか?

それは、まずレイクは元は大手消費者金融だったので、その時代からの金利設定を引き継いでいるからです。レイクが銀行カードローンになったのは2011年の10月からで、それ以前から利用していた人と条件が変わってしまっては色々な不都合がある為、銀行カードローンとなった現在でも消費者金融と同等の金利設定のまま提供されています。

そして、オリックス銀行は普通預金口座を提供していない信託口座専用の銀行です。つまり、それほど預金を頻繁に集められるという性質ではない為、どうしても金利を高くせざるを得ないのです。

ただ、2つのカードローンとも金利が高いというだけでは誰も利用しようとは思いません。そこで、レイクでは無利息サービスとATMの手数料が無料という2つのサービスを売りにしており、オリックス銀行でもATMの手数料が無料で、更にどのATMからでも千円単位での借り入れが可能となっています。このような他ではまず見ないサービスを提供している為、金利が高くても利用者が多いのです。

特に共通するATMの手数料が無料という点は、頻繁にATMから利用する場合にはかなりお得なサービスになります。一見銀行カードローンにしては金利が高くても、それを補うべく提供しているサービスがあるということです。

キャッシングの増額申込みの内容

運転免許証等の本人確認のための身分証だけで申し込む事が出来る個人向けキャッシングは、担保を必要とする商品と比べると少額からの開始となります。返済できなくなった場合の保障がないからであり、最悪の事態におけるダメージを少なくするためです。しかし、キャッシングは少額に限定した商品ではなく、500万円を超える様な金額を用意しているケースもあります。

少額から開始される事が多いにもかかわらず大きな金額を用意している理由は、増額が可能という事です。キャッシングは、約定返済日までに指定の金額を遅れることなく返済するというのが利用上求められているルールとなっています。このルールを守っての利用を積み重ねていく事によって、信用が高くなり増額が可能となる仕組みです。増額申込みを行えるようになる期間は商品によって異なりますが、半年以上の継続が求められるのが一般的です。

増額も最初の申し込みの時と同様に、信用情報機関への照会により判定されます。他の業者からの借り入れ残高と返済履歴が問われる事になり、借り入れ残高が少ないほど増額される可能性は高くなります。キャッシングは利息制限法に基づいて金利が設定されているので、元本が大きくなるほど金利は低くなります。増額は、利用範囲を広げるというだけではなく返済の負担を軽減するという意味でも有効です。

主婦でもキャッシング可能です!

主婦であっても、のっぴきならない事情で、まとまったお金が必用になることもあるでしょう。サラリーマンやOLだったら、キャッシングという手段がありますが、私は無理かも・・と嘆いている主婦もいるかもしれないですね。

実際に、主婦であってもパートなどで収入を得ている場合は、審査基準をクリアして融資を受けられる場合があります。ただパート収入と言ってもピンからキリまで差があります。社員のようにバリバリ働いているパーと主婦もいれば、子どもが小さいので毎月数万程度の収入のパート主婦もいます。審査してもらわないと、キャッシングが使えるかどうかはわからない部分はあるでしょう。

ただ、銀行系のキャッシングの場合は、総量規制の対象外ですから、無収入やほとんど収入のない場合でも、融資を受けることができます。当然配偶者が収入があって、同意がある場合に限ります。ただ、主婦にとっては銀行系のほうが融資を受けやすくなるでしょう。

また、最近は大手食品スーパーのネット銀行やネットショッピングの銀行での融資が、主婦層に人気があります。なんといっても親しみやすいし、入会するだけでお得に買い物ができるポイントが付与されるサービスがとても人気です。ぜひ検討してはいかがですか。

カードローンを利用しようと思った時に注意すべきこと

これから初めてカードローンを利用してお金を借りようと思っている人も多いかと思います。
ですが、その場合は少し気を付けないといけないです。

それは何かというと総量規制というのがある事です。総量規制というのは
お金を借りたいと思っている人がどれくらい収入があるかでその借りれる金額が
変わってくる点です。

なぜなら、昔借り手の収入に関係なく多くのお金を融資できていたせいで
その人の収入に関係なくたくさんの金額を借りる事ができたからです。

そのせいでいつまで経っても借りたお金を返済できなくてその利息の支払だけで
四苦八苦した人が大勢いたからです。

ですから、今ではカードローン会社からお金を借りる場合は総量規制というのがあって
その人の収入に応じて借りれる金額が変わってくるというのがあります。

それは一見して必要な金額を借りれない借り手によってはあまり良くない規制のように
感じますが、それは違います。なぜなら、お金を借りようと思っている人が返済能力がないのもかかわらずその返済能力以上のお金を借りる事がないようにするために必要な事だからです。

いくらそれによって必要なお金を借りれなくてもその後の返済が行き詰まれば意味がないので
カードロ―ンの総量規制は借り手を守る意味でも必要です。

すぐに借りて返すならキャッシングの利息は高くない

突然現金が必要になった時、役立つのがキャッシングです。
飲み会やランチなど、割り勘支払いでカードを出せず現金が必要になった際、預金口座に現金を入れていないと困ってしまうことがあります。

そんな時、とりあえず人に借りますか?
いくら見知った人でもお金の貸し借りはなんとなく頼みづらいもの。

さらに、相手も十分な現金を持っているとは限りませんし、使う予定があって財布に入れている現金だとしたら、「貸すお金がない」と言わせるのも「あるけど貸せない」と言わせるのもわだかまりが残るものです。
そしてもし借りられたとしても、相応の利子やプチギフトを添えて返すとなると、結局はキャッシングの利子より高くついてしまうとういことがあります。

お金に関して気持ち良い関係を作るために、キャッシングと言うシステムを利用するのは一つの「方法」です。
関係性を気にせずシステマティックに相当の利子を支払うだけで借りることができるので、人に借りるより気持ちの面でも楽ではないでしょうか。

特に、すぐに返済できるのであれば、利子も多額になりませんし、キャッシングはコンビニでも利用できますからかなり便利です。
急な現金が必要になった時、人を頼らずすっきりキャッシングでやりとりしてしまいませんか?

キャッシングは主婦では利用できない?そんなことはありません。

キャッシングは、収入のない主婦では利用できないのではないか。と思われている方もいるようですが、実際には利用できるケースが多く存在します。
主婦だからといって、お金がなければ日々の生活が成り立たないのは当たり前です。

ではどこからお金を得ているのか。
旦那様のお給料をはじめとする家族の収入です。

キャッシングの審査の際は世帯収入を問われることがあります。
家族でよほどのクレジットカードなどによる返済不能を起こしていなければ、主婦でもキャッシングを利用することが可能です。
大型のスーパーなどではクレジット決済も当たり前になってきましたが、個人商店や激安スーパーなどはその価格を維持するためにクレジット決済ができない場合も多々あります。

今月の家計分を使い切ってしまったけど、日常的に使用する食品や調味料、消耗品などが安く是非買っておきたい!というときがあるのではないでしょうか。
家計を赤字にしないためにとその場で買わず、翌月の家計で高くなったそれらの商品を買っていては、結果的に損失になります。

そういった一時的に現金が必要になったとき、それが少額であっても、誰にも頼めないときにはキャッシングを利用するというのは一つの方法です。
きちんと返済できることが事前にわかっていれば、日々の生活の中で上手に利用してキャッシングと付き合っていくことができます。

無利息のカードローンとは?

カードローンでお金を借りる際には必ず金利がかかります。借りる金額がどうしても大きくなると、その借りた金額に対して金利がかかってくるために、けっこう馬鹿にならない額の利息を支払う必要が生じる場合もあります。但し条件によっては、無利息の融資を行っている消費者金融もあります。

無利息期間のサービスを提供している消費者金融はアコム、プロミス、レイク、ノーローンが有名です。アコム、プロミスの2社は、初回借入時限定とはなりますが、初回にお金を借りてから30日間は利息が発生しませんので、30日以内に借りたお金を返済できるならば利息はかかりません。ただし前述したように、新規顧客向けのサービスであるために、過去に利用したことがある場合は適用されませんので注意が必要です。

レイク、ノーローンは条件が少し異なります。レイクは初回借入から30日無利息と180日無利息の2パターンあります。180日無利息は条件として借入金額が5万円までという条件があります。またノーローンは、無利息期間は1週間と短いのですが何度でも利用することができる点がメリットです。契約した月と全額返済した翌月にはこの条件が適用されますので少額を複数回借りたいと希望の人にはお勧めのサービスです。

生活資金を借りるためにキャッシングに申し込む危険性

生活資金が足りないので、キャッシングで借りてなんとかしたいと思っている人も多いかもしれないです。ただ、それは危険かもしれないということとそもそも審査に通らない可能性もあるということを言っておきたいと思います。どうして危険なのか?というと、生活資金っていうのは、まず確保すべき1番のお金になります。

毎月の収入のうち、娯楽費などを削ることはあっても、生活資金を削ることはあまりしません。するとしても、できる範囲でということになります。つまり、毎月の収入の中で1番最初に確保する部分のお金が足りないというのは、毎月普通に生きていくだけで赤字ということですから、そのお金をキャッシングで借りると利息がついて、さらに赤字分が膨れ上がる。

全く返せる見込みが立たないのでは?と思えてくるのです。そういう状況があれば、貸す方としても貸しづらいでしょう。だから、そもそも審査に通らない可能性も十分にあるので、生活するためのお金が足りない人はキャッシング意外でなんとか工面をするようにしないと、仮に借りられても返済が厳しくなり、最悪の場合には債務整理をしないといけない状況になるかもしれません。

だから、もしそういった理由でキャッシングの申し込みを考えているならば、その前に考え直してみてください。

アイフルのビジネスローン部門とも呼べるビジネクストとは?

アイフルでは一般のカードローンの他に事業者向けの事業サポートプランというローンを提供していますが、自社以外でビジネクストという会社のビジネスローンに全面的に協力しています。

このビジネクストはアイフルのグループ企業で、アイフルがこれまで培ってきたノウハウを活かした融資を行っているのが特徴です。ビジネスローンではあまり見掛けない限度額制のカードローン式の契約を選択できるのもその1つで、アイフルのATMをそのまま利用することができます。

アイフルの事業者ローンの事業サポートプランで借りることができるのは最高でも500万円までですが、ビジネクストでは初回は同じく500万円までという制限がありますが、利用を重ねて実績を積むことで最高1000万円まで限度額が広がる可能性があります。事業者向けのローンなので一般の人は利用できませんが、個人事業者や経営者にはビジネクストは力強い味方になるかも知れません。

このビジネクストはアイフルの子会社で、商工ローン専門の会社です。無担保のビジネスローンの他に、もっと高額な融資も可能な不動産を担保にしたローンも取り扱っており、アイフル自体はご存知のように個人向けの融資をメインにしている会社ですが、事業者向けのローンにも力を入れる為に別会社として独自に設立したという形です。

アイフルの店舗にもよくパンフレットや申込書などが置かれているので、興味のある方は目を通してみてもいいかも知れません。

プロミスのフリーキャッシングを使って生活に役立てる

現代社会に生きている人々は、急にお金が必要になるシーンがよくありますので、事前にお金を用立てる事が出来る手段を用意しておく事が大切です。プロミスでは、利用者の使用用途を基本的に問わないフリーキャッシングという融資サービスを提供しており、多くの人々が利用しています。このフリーキャッシングを契約しますと、提携ATMや会員メニューと紐付けられたオンラインバンキングを通して、融資と返済が出来るようになります。また、新しい取り組みとしてスマホATMというセブン銀行のATMを活用したシステムも導入されていますので、利用者がいつでも借りて期日までに返済し易くなっていますので、様々な活用の仕方が考えられるでしょう。

プロミスのフリーキャッシングの借入利率は4.5パーセントから17.8パーセントですので、他の所で借りるよりも少し低めになっており、返済負担を減らせるでしょう。プロミスのフリーキャッシングを初めて使うという人であれば、最大30日間利息がかからないといったサービスが展開されていますので、返済負担を減らす手段として有効に使っていく事が出来ます。

利息計算に関しては、日数で計算されますので給料日目前の何日間か利用する場合において、お得です。

キャッシング学生

近年専業主婦や学生でもキャッシング可能な会社が増えてきました。しかし未成年の場合は審査がかなり厳しく通らない場合もあります。学生が審査に通りやすい会社はやはり自分の持っているクレジット会社だと思います。クレジットカードを利用して返済遅延などがなければ限度額は少なくてもキャッシングができる場合が多いです。

学生は勉強がメインです。どうしてもお金が必要な時はまず親に聞いてみるというのも手かもしれません。それで無理な場合は自分が持っているクレジットカード会社からせめて行くことをお勧めします。若い頃は金銭感覚が鈍く、ついついお金を浪費してしまうものです。くれぐれもキャッシング地獄に陥らないように注意して欲しいです。

審査基準が異なっている消費者金融の実態

消費者金融によって、どのような審査基準を設けているのか異なっています。残念ながら明確にされていないので、必ずしも審査を通過することができる訳ではありません。それでも特定の消費者金融の審査に落ちてしまった人もいれば、問題なく通過できる人もいます。このような特徴を持っているので、一つの消費者金融にこだわるのではなく、複数の消費者金融を検討することが必要です。

実際に申込をした人の口コミや体験談をチェックしていけば、審査を通過しやすいキャッシングなのか見極められます。特に自分と同じような境遇の人が申込をしており、審査を通過できている場合、自分も審査を通過できる可能性が高まります。同じ消費者金融のキャッシングでも実施している審査基準が大きく異なっているので、注意しなくてはいけません。