「審査」カテゴリーアーカイブ

消費者金融で違っている審査の実態

消費者金融は多くの人に対し、融資を行っていて、一定額のお金を借りる事ができるように環境を整えています。ただし誰でも融資をしている訳ではなく、消費者金融が定めている審査を通過することができた方のみが融資を受けられます。残念ながら消費者金融が定めている審査を通過することができないと残念ながらお金を借りる事ができないので、気を付けないといけません。

それぞれ融資を行っている消費者金融によって、どのような審査基準になっているのか異なっています。審査が予め緩くなっている消費者金融が存在していれば、かなり厳しめの消費者金融もあります。何としてもお金を融資してもらいたい方は、審査が緩い消費者金融を選択することが求められてきます。

自営業者はキャッシングの審査で不利になる?

キャッシングで重要になるのはなんといっても安定した収入です。

勤務先が明確な会社員などの企業に所属している人は、所属先が確認できた段階で安定した収入があるという証明になりますが、自営業者の場合は収入も事業規模も人によってさまざまであるため、金融機関側としても把握しづらいという面があります。

そのため自営業者はキャッシングを行なうことができないわけではありませんが、金融機関側の信用を得るために自身の収入をしっかりと証明する必要があり、逆に言えば照明することさえできればキャッシングを行なうことができる可能性も十分にあります。

金融機関側としても顧客の信用情報をもとに無担保でお金を貸し付けている以上、返済能力のない人にお金を貸すことはできないのです。

利用目的で審査落ちになることも!怪しい申し込みとは判断されるとアウト!

銀行や大手消費者金融のキャッシングローンは、必ず審査を通過するものではなく、大手消費者金融でも成約率は4割前後と半数は審査落ちするのが実状です。しかしながら、審査落ちといってもある程度の段階まで審査落ちとなると考えますが、実際には申し込み段階でアウトになることもあります。

多重債務リスクの有無や申し込み情報の信用性、居住地から遠く離れた場所で申し込んでいないかなどチェックされています。利用目的に対して高過ぎる融資を希望することで怪しまれることや債務が膨らみキャッシング契約を行っていないかなどは要注意になります。

大手消費者金融に限らず審査の一部を貸金業者に委託している銀行も同様のチェックノウハウが用いられるため、利用目的が怪しいと判断される可能性があります。そのため、問い合わせがあった際は、目的を漠然とさせず、ハッキリと答えることがポイントになります。最近では、消費者金融が振り込め詐欺などの犯罪を未然に防いでいるケースもあり、監視は厳しくなりつつあります。

アルバイトと派遣ではキャッシングの審査で行われる在籍確認で違う点があるので注意!

アルバイトと派遣は非正規という点で共通しているのでキャッシングの審査の可決率はほぼ同じぐらいと言われています。しかしアルバイトと派遣では審査で異なる点があるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでどのような点が異なるのか確認していく事にしましょう。

アルバイトは職場で直接雇用されているので勤務先名が職場になります。しかし派遣は派遣会社に雇用されて職場に派遣されている形になるので勤務先名が派遣会社になります。それで審査の終盤で行われる在籍確認をする時に電話がかかってくる場所が異なってきます。アルバイトの場合は職場に電話がかかってきますが、派遣の場合は派遣会社に電話がかかってくるのでキャッシングの申し込みをする前にしっかり頭に入れておくようにしましょう。

審査通過率の大まかな目安について

審査通過率というのは銀行や消費者金融によって設定が若干異なっており、審査通過率は必ずしも明確ではありません。

ですが、大まかな目安というのはある程度はわかっています。

銀行系カードローンについては、おおよそ審査通過率は3割あるかないかという風に言われています。

大手の消費者金融ですと、通過率が公表されている会社もあります。銀行系よりもちょっと多くなってきており、おおよそ4割から5割弱のあたりで

推移しているという感じです。

また、中傷の消費者金融になってきますと、基本的にかなり門徒が広くなっていますので、審査通過率はかなり高く

6割以上とも8割くらいとも審査通過率があるといわれているほど高いです。

以上が大まかな目安になります。

キャッシングの本人確認書類について

キャッシングも申込時にはかならず本人確認書類の提出が求められます。本人確認書類には免許証や健康保険証などが直ぐに頭に浮かびますが、キャッシング業者によって多少の違いはあります。2016年10月の法律改正によって本人確認書類の確認が厳しくなったことによって追加の書類が必要なことも出てきました。

本人確認書類については、運転免許証やパスポートやマイナンバーカードなどの本人の顔写真が添付されている書類であれば、それだけで本人確認書類として認められるようですが、以前には大丈夫であった健康保険証などの本人の顔写真が添付されていない書類は追加の書類の提出を求められることが多いと考えておいたほうがいいでしょう。

キャッシングの審査の本人確認の方法は

キャッシングの審査で欠かせないのが、本人確認です。本人確認は、身分証明書を提出することで行われます。

提出の仕方は、審査によって異なり、現在人気のWEB申込みの場合は、カメラ機能で撮影、もしくはスキャナで読み込んだ書類を、送信もしくはアップロードという形で提出をします。無人契約機の場合は、その場で必要書類を読み込んで貰います。

電話で審査を受ける場合は、FAXで送信するという方法も可能です。そして、それ以外に郵送で提出するという形もありますが、郵送の場合は届くまでに時間がかかるため、すぐに契約手続きに進むことができません。そのため、少しでも早くキャッシングの利用を始めたいのであれば、本人確認書類をすぐに提出できる方法を選んでおくと良いでしょう。

モビットで本人確認書類と収入証明書を準備する時の2つの注意点

消費者金融を利用する時は必要書類を提出する事になりますが、モビットは本人確認書類と収入証明書を準備する必要があります。収入証明書は少額の借り入れをする時は提出の必要がない事が多いですが、モビットは申し込みした後に提出が必要かどうかが伝えられるので準備をしておかなければいけません。そこでモビットで本人確認書類と収入証明書を準備する時に注意したい点を確認していきましょう。

・運転免許証を持っていない人は健康保険証かパスポートを準備する

モビットの本人確認書類は基本的に運転免許証を準備する人が多いです。しかし運転免許証を持っていない人は準備する事が出来ないので別の本人確認書類を準備する必要があります。運転免許証以外では健康保険証とパスポートが適用されるので運転免許証を持っていない人はどちらかを準備しましょう。

・収入証明書は準備するのに時間がかかるので早めに準備する

収入証明書は実際に収入を得ている事を証明する書類で源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書などの写しを準備する必要があります。どの書類も準備するのに手間がかかるので早めに準備した方がいいです。

モビットで本人確認書類と収入証明書を準備する時に注意したい点はこのようにあるのでしっかり頭に入れておきましょう。