自営業者はキャッシングの審査で不利になる?

キャッシングで重要になるのはなんといっても安定した収入です。

勤務先が明確な会社員などの企業に所属している人は、所属先が確認できた段階で安定した収入があるという証明になりますが、自営業者の場合は収入も事業規模も人によってさまざまであるため、金融機関側としても把握しづらいという面があります。

そのため自営業者はキャッシングを行なうことができないわけではありませんが、金融機関側の信用を得るために自身の収入をしっかりと証明する必要があり、逆に言えば照明することさえできればキャッシングを行なうことができる可能性も十分にあります。

金融機関側としても顧客の信用情報をもとに無担保でお金を貸し付けている以上、返済能力のない人にお金を貸すことはできないのです。