振込融資サービスのメリットは?入院中でも利用可能!

銀行や消費者金融のカードローンは、利用目的は原則自由であり、急な入院で生じる医療費にも利用することが可能です。カードローン以外に目的ローンであれば、より低い金利で利用することもできます。そして、WEB完結契約や振込融資を活用することで、入院中でも病院から契約ができ、銀行口座から借り入れもできます。

最近では、大きな病院ともなると銀行ATMが設置されているほか、コンビニがありコンビニATMも設置されています。特に消費者金融のカードローンであれば、振込融資に対応しているため、急な借り入れであれば銀行カードローンよりもメリットは大きくなります。

銀行カードローンは、ローンカードの受取が必要であり、入院していると実質的には利用が難しいのが実状です。しかし、消費者金融のカードローンならカードレスでも利用できるため、急な借り入れかつローンカードの受取もできない状況においてはおすすめです。