利用目的で審査落ちになることも!怪しい申し込みとは判断されるとアウト!

銀行や大手消費者金融のキャッシングローンは、必ず審査を通過するものではなく、大手消費者金融でも成約率は4割前後と半数は審査落ちするのが実状です。しかしながら、審査落ちといってもある程度の段階まで審査落ちとなると考えますが、実際には申し込み段階でアウトになることもあります。

多重債務リスクの有無や申し込み情報の信用性、居住地から遠く離れた場所で申し込んでいないかなどチェックされています。利用目的に対して高過ぎる融資を希望することで怪しまれることや債務が膨らみキャッシング契約を行っていないかなどは要注意になります。

大手消費者金融に限らず審査の一部を貸金業者に委託している銀行も同様のチェックノウハウが用いられるため、利用目的が怪しいと判断される可能性があります。そのため、問い合わせがあった際は、目的を漠然とさせず、ハッキリと答えることがポイントになります。最近では、消費者金融が振り込め詐欺などの犯罪を未然に防いでいるケースもあり、監視は厳しくなりつつあります。