キャッシングの申し込みをする時に提出する本人確認書類でどのような点に注意すればいい?

キャッシングの申し込みをする時に本人確認書類の提出を求められます。本人確認書類は戸籍に基づいて公的な機関で発行された身分証明書が適用されますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり確認していきましょう。

・健康保険証は適用されない可能性がある

健康保険証は戸籍に基づいて公的な機関で発行された身分証明書に該当する書類の一つになりますが、他の運転免許証と比較すると顔写真がないという違いがあります。キャッシングの審査では顔写真がある身分証明書を提出しなければいけない事も多いので健康保険証は適用されない可能性があります。健康保険証を本人確認書類として提出しようと考えている人は注意しましょう。

・運転免許証のみとなっている事もある

本人確認書類は運転免許証やパスポートなどが適用されますが、業者によっては運転免許証のみになっている事もあります。それでパスポートを提出しても本人確認書類として適用されない事があります。運転免許証のみとなっている場合は必ず運転免許証を持参するようにしましょう。また運転免許証を持っていない人は別の業者でキャッシングをするようにしましょう。

キャッシングの申し込みをする前に業者のホームページで適用される本人確認書類をしっかり確認しておきましょう。